うつ病の治療薬通販ナビ
症状にあったうつ病の薬を紹介

アナフラニールはセロトニンを増やす効果に優れている薬

アナフラニールの効果

アナフラニールの効果

アナフラニールは、セロトニンを増やす効果に優れている三環系抗うつ薬です。 パキシルジェイゾロフト、ルボックス、レクサプロなどのSSRIに分類されている抗うつ薬で効果が不十分の時には、アナフラニールを用いることもあります。

アナフラニールの添付文書によると、次のような効能・効果があります。

・精神化領域におけるうつ病、うつ状態
・遺尿症
・ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

セロトニンは落ち込みや不安への改善作用があるため、上記以外に強迫性障害やパニック障害、社交不安障害といった精神疾患にも効果が期待できる抗うつ薬です。

※参考:アナフラニールの添付文書


アナフラニールの通販はこちら
※リンク先はアナフラニール・ジェネリックです



そもそもアナフラニールってどんな薬?

アナフラニールは1973年に発売された三環系に分類されている古いタイプ抗うつ剤です。近年うつ病の治療薬として、SNRIやSSRIなど安全性の高い新しい抗うつ薬が使われる事が多いので、三環系を使うことは少しずつ減ってきています。けれども三環系には他の抗うつ薬にはない強い効果がありますので、難治性うつ病などに使われることも結構多いです。

ただ効果が強いため、副作用が多いというのも事実です。副作用が多いというデメリットはありますが、効果が強いという点は現在でも定評があるので、現在も三環系が使われ続けています。アナフラニールはセロトニンとノルアドレナリンの両方を増やしますが、その中でもセロトニンを優位に増やす抗うつ剤です。そのため、抗うつ効果、意欲改善の効果に期待できる薬です。

三環系はノルアドレナリンを優位に増やすものが多いので、アナフラニールは非常に有用な抗うつ薬なのです。冒頭にも記載したように、セロトニンを増やすことで不安や気持ちの落ち込みに効果があります。
その他にも鎮静作用があるので、不眠への効果も期待できます。

こういった特徴を持つアナフラニールは、強迫性障害の大きな治療選択肢の一つになります。強迫性障害は他の精神疾患よりも高用量の薬を使う必要があります。
アナフラニールはセロトニンを増やす作用が強力なので、しっかりとした効果を実感する事が出来ます

またアナフラニールは点滴製剤があるというのも特徴の一つです。点滴ができる抗うつ剤はアナフラニールのみ。外来で使われる事は滅多にないものの、入院中に抗うつ剤を服用する事が困難な人に点滴が使われます。

アナフラニールはこんな人にオススメ

アナフラニールはこんな人にオススメ

・デパスやエチラームを使っていた人
・SSRI、SNRI、Nassaで十分な効果を得られなかった人
・不安感が強い人、不安を改善させたい人

以前デパスを通販で購入していた人がデパスの代替薬として、アナフラニールに切り替えている方も増えてきました。アナフラニールは通販サイトでも購入することができ、安値のジェネリック医薬品もあります。

アナフラニールは古い抗うつ剤で効果が強く副作用も多いので、うつ病と診断された際、最初にアナフラニールを処方されることは少ないです。 現在はしっかり効果があり、副作用の少ないバランスのとれたSNRIやSSRIなどが最初に使われる事が多いです。しかし、SNRI、SSRIでは思ったような効果が得られなかった場合は、アナフラニールが使われます

アナフラニールは三環系に分類された抗うつ剤です。三環系にはアナフラニールの他にトフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサンといった薬があります。これらの薬の中でもアナフラニールは、ノルアドレナリンに比べて、セロトニンを7倍~8倍ほど多く増やす事が報告されています。そのため、不安感が強い人や不安を改善したい人に向いてます。
一方、ノルアドレナリンに対する力はそれほど強くないので、意欲や気力を回復させる効果は不十分の可能性があります。

デパスの代わりになるうつ病の薬一覧



アナフラニールの通販はこちら
※リンク先はアナフラニール・ジェネリックです



アナフラニールの副作用と対処法

アナフラニールの副作用と対処法

アナフラニールは強力な効果がある分、副作用も多めですが軽い症状であれば、それほど心配する必要はありません。 主な副作用については下記のとおりです。

・眠気、めまい、立ちくらみ、ふらきつ、倦怠感
・吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、太る(体重増加)
・手の震え、動作が鈍る、口周囲の異常な動き
・目の眩しさ、目のかすみ
・尿が出にくい
・動悸、低血圧、不整脈、頻脈
・かゆみ、発疹
・性機能障害

万が一、普通ではない強い不安感やイライラと落ち着かない、気持ちが高ぶる、悪い衝動にかられるといった精神的な変調があった場合は、医師に連絡して指示をあおいで下さい。こうした気分障害は、アナフラニールを飲み始めた時や増薬した時に現われることが多いです。
重い副作用は滅多にありませんが、初期症状などにご注意ください。少しでも異変に気づいたら、直ちに医師に連絡してください。

病名 症状
セロトニン症候群 不安、落ち着かない、興奮、混乱、体の震え、ぴくつき、不眠、発熱、発汗、めまい、下痢、血圧上昇、頻脈
悪性症候群 意識障害、精神変調、動かず黙り込む、発汗、急激な体温上昇、飲み込めない、体の硬直、震え、頻脈
横紋筋融解症 力が入らない、痙攣、手足のしびれ、筋力低下、歩行困難、筋肉痛、赤褐色の尿
麻痺性イレウス 吐き気、おう吐、食欲不振、お腹が膨れる、ひどい便秘、激しい腹痛
間質性肺炎 発熱、息切れしやすい、息苦しい、空咳
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 頭痛、吐き気、だるい、痙攣、気を失う、意識もうろう、のどの渇き
痙攣、幻覚、せん妄、錯乱 痙攣、取り乱す、混乱、興奮、意識もうろう、幻聴、幻覚
肝臓の重い症状 吐き気、食欲不振、だるい、発熱、かゆみ、発疹、尿が茶褐色、白目や皮ふが黄色くなる
重い血液成分の異常 だるい、発熱、のどの痛み、口内炎、血豆、青あざ、歯肉出血、鼻血
重い不整脈 だるい、立ちくらみ、めまい、失神、動悸、徐脈(50/分以下)、頻脈(120/分以上)、胸の痛み、胸苦しい


副作用の対処法

アナフラニールの副作用で最も多い症状が、眠気、太る(体重増加)、ふらつき、めまい、口の渇き、便秘です。

①眠気

アナフラニールに限らず、ほとんどの抗うつ薬で眠気が出ます。
抗うつ薬にはリラックス効果があるため、副作用で眠気が出てしまうことは仕方がない事なのです。特に、四環系やNassaのような鎮静系抗うつ剤と呼ばれている薬は強い眠気が出ることが多いです。
不安や緊張感から寝つきが悪い、不眠症の場合は睡眠薬として用いられる事もあります。

②体重増加

アナフラニールを服用すると体重が増加します。
アナフラニール以外にもパキシルや他の三環系、Nassaも太りやすいと言われています。抗ヒスタミン作用から太ることが考えれます。

太るのは嫌だけど、アナフラニールを使いたい。使わなければいけないという場合は、運動したり、規則正しい食事をするなど生活習慣を見直しましょう。
症状が悪く運動する事ができない人や、生活習慣を見直しても改善されないという場合は、他の抗うつ剤に切り替えるのも一つの手です。太りにくい抗うつ剤には、サインバルタやジェイゾロフトがあります。

③便秘、口の渇き

アナフラニールの副作用で便秘、口の渇きが出るのは抗コリン作用で生じます。
便秘がひどい場合は、食物繊維を摂取したり、こまめに水分補給をする。また便秘薬や下剤を利用する。口の渇きがひどく辛い場合は、白虎加人参湯を服用したり、唾液腺マッサージを行うと良いでしょう。


アナフラニールの飲み方

アナフラニールの飲み方

アナフラニールは症状によって飲み方が変わります。

■うつ病、うつ状態

通常、成年者はクロミプラミン塩酸塩として、1日50mg~100mgを1回~3回に分けて服用します。ただし、症状や年齢によって適宜増減します。また1日の最大服用量は225mgまでです。

■遺尿症

通常、6歳未満の幼児はクロミプラミン塩酸塩として、1日10mg~25mg。6以上の小児には1日20mg~50mgを1回~2回に分けて服用します。
ただし、症状や年齢によって適宜増減します。

■ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

通常、成年者はクロミプラミン塩酸塩として、1日10mg~75mgを1回~3回に分けて服用します。

通常、少量から服用を開始して、効果が出る量まで少しずつ用量を増やしていきます。
効果が出るまで2週間~3週間かかります。アナフラニールを飲み始めた時や増薬した時に、気分が不安定になった場合、直ちに医師にご相談ください

注意事項

アナフラニールを病院で処方してもらう際、持病やアレルギーのある方は診察時に医師に伝えてください。病気によってはアナフラニールを服用することで、症状が悪化する恐れがあります。さらに飲み合わせの悪い薬があるため、アナフラニール服用する2週間前から服用している薬があれば、医師に報告してください。
また、副作用が多い抗うつ剤なので、服用後に起こりうる副作用や注意事項については、必ず説明を受けること。その際、可能であれば家族も含めて説明を受けてください。

緑内障を患っている人はアナフラニールは使用する事が出来ません。眼圧が上昇して、症状が悪化する可能性があります。
てんかん、心臓病、前立腺肥大症、低血圧の人も病状悪化に注意しながら、慎重に用いるようにしてください。

高齢者の場合は副作用が出やすいため、飲み始める際は少量からスタートしてください。
アナフラニールだけでなく、他の抗うつ薬の臨床試験において、24歳以下の人が服用することで逆に悪い衝動を引き起こす恐れがあると報告があります。そのため24歳以下、自殺願望がある人は注意が必要です。

アナフラニールも他の抗うつ剤同様、急に服用をやめてしまうと症状が悪化してしまったり、体の具合が悪くなる事があります。アナフラニールを服用してから症状が良くなり、もう薬を飲まなくても平気だと感じたとしても、自己判断で薬の服用をやめず、医師と相談しながらゆっくりと減量してください。
またうつ病でアナフラニールを使用している場合は、症状が良くなっても、少量をしばらく飲み続ける事が多いです。うつ病の場合は、再発することもあるので、それを防ぐためにも半年から2年は飲み続けます。

アナフラニールを服用することで眠気やめまいを起こす事があります。服用中は高所での作業、車やバイクの運転、機械を扱う仕事は注意してください。

TOPに戻る