うつ病の治療薬通販ナビ
症状にあったうつ病の薬を紹介

サインバルタは早く効果を感じたい人に向いている薬

サインバルタの効果・特徴

サインバルタの効果・特徴

サインバルタは、SNRIに分類されている抗うつ剤です。
サインバルタの添付文書によると、以下のような効能・効果があると記載されています。

・うつ病、うつ状態
・線維筋痛症に伴う痛み
・慢性腰痛症に伴う痛み
・糖尿病性神経障害に伴う痛み
・変形性関節症に伴う痛み

サインバルタの服用をスタートして約一週間くらいで効果を実感できると言われています。
ほとんどの抗うつ剤は二週間から四週間ほどで効き目を感じられる事が多いので、効果を実感するまでの時間が早いという特徴があります。
また、効果が早い割には副作用が起きにくいというのも特徴のひとつです。それ以外にも、SSRIと比べて睡眠への悪影響が少ないといわれています。SSRIは深部睡眠を減少させる作用がありますが、SNRIは深部睡眠をそれほど減少させません。

SNRIに分類されている抗うつ剤はサインバルタの他に、イフェクサー。トレドミンがあります。

サインバルタの通販はこちら
※リンク先はサインバルタ・ジェネリックです



サインバルタはこんな人にオススメ

サインバルタはこんな人にオススメ

サインバルタは次のような人に向いています。

・意欲や気力が低下している人
・できるだけ早く効果が欲しい人
・うつ病による痛みがある人
・不眠を悪化させたくない人


サインバルタの通販はこちら
※リンク先はサインバルタ・ジェネリックです



サインバルタの副作用

サインバルタの副作用は、眠気、吐き気、便秘、めまい、頭痛、口の渇きといった症状が現われる事があります。
しかし、古い抗うつ薬に比べると副作用は軽減されています。
中には服用してから尿が出にくなったと感じる人もいます。特に高齢者や前立腺肥大症のある人は、注意が必要です。

また万が一、普段とは違う不安感やイライラ。気持ちが落ち着かない。興奮・混乱などの精神的な異常が見られ、少しでも気になるという場合は直ちに病院で受診、または担当医に連絡し指示をあおいで下さい。こういった症状はサインバルタを飲みはじめた時や増薬した時に現われやすいです。
重い副作用は滅多にありませんが、セロトニン症候群や悪性症候群。けいれん、幻覚等の報告があります。
少しでもおかしいなと思う症状が出た場合は、直ちに病院で受診してください。

サインバルタの飲み方

一般的に成年者の場合は、一日に一回朝食後にデュロキセチンとして40mg~60mgを服用します。
サインバルタの添付文書によると、症状によって用法・用量が異なると記載されています。

うつ病、うつ状態、糖尿病性神経障害に伴う疼痛

通常、成年者は一日に一回朝食後にデュロキセチンとして40mgを服用します。
一日20mgから服用開始して、一週間以上間隔をあけて一日の用量を20mgずつ増やします。
思うように効果が出ないという場合は、一日60mgまで増量することが出来ます。

変形性関節症に伴う疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛、慢性腰痛症に伴う疼痛

通常、成年者は一日に一回朝食後にデュロキセチンとして60mgを服用します。
一日20mgから服用開始して、一週間以上間隔をあけて一日の用量を20mgずつ増やします。

※参考:サインバルタの添付文書


注意事項

ビール

サインバルタに限ったことではありませんが、ビール等のアルコール類と一緒に飲むと副作用が出やすくなります。
添付文書にも併用注意の項目にアルコールの記載があります。アルコールを飲む量が多いと肝機能が悪化してしまう事がありますので、普段よくアルコールを飲むという人は注意してください。
できるだけアルコール類は飲まない方がいいのですが、仕事の付き合いでどうしても飲まなければいけないという日もあるかと思います。
そういった時は、飲み過ぎないように気をつけてください。アルコールを飲むと気分が良くなって、自分自身でコントロールする自信がない人もいるかと思います。
その場合は、「医師から止められている」「薬を服用しているからアルコールは飲めない」などと伝えましょう。

サインバルタのジェネリック医薬品を紹介

■デュゼラ
サインバルタ・ジェネリック

販売元はサンファーマで、1錠20mg、44円。1錠30mg、85円。1錠40mg、88円。1錠60mg、112円で販売されています。
デュゼラは、先発薬であるサインバルタよりも薬価が安いため、サインバルタの使用を考えている場合はサインバルタ・ジェネリックのデュゼラの方がオススメです。

※お薬なび参考

サインバルタの通販はこちら
※リンク先はサインバルタ・ジェネリックです



サインバルタとデパスを比較してみました

サインバルタとデパスは、どちらもうつ病の治療薬として用いられています。
うつ病に効果がある薬ですが、サインバルタはSNRIに分類されている抗うつ剤。デパスは抗不安薬と薬の種類が異なります。

まずSNRIの抗うつ剤は、セロトニンとノルアドレナリンの両方に作用する薬です。
SNRI系の抗うつ剤を飲む事で、セロトニンが増えて不安な気持ちをなくします。
またノルアドレナリンが増えることで、意欲や気力低下を回復させる効果があります。
抗うつ剤というと効果があれば、その分副作用が多かったり、出やすい印象があります。
しかしながら、SNRI系の抗うつ剤は副作用が軽減されていている事から、働きながらうつ病の治療をしたい人に向いている薬です。
冒頭にも述べたように、SNRIに分類されている抗うつ剤は、サインバルタの他にもイフェクサー、トレドミンがあります。

イフェクサーの詳細はこちら




一方、抗不安薬は不安を和らげる事が出来る薬です。
心に抱えている不安を和らげる効果があるため、作用が強ければ強いほど依存しやすくなります。
抗不安薬のデパスは即効性はあるものの、依存症になりやすいと問題視されています。
これはデパスに限った事ではありませんが、長期服用すると薬になってしまいます。
サインバルタも長期服用することで、依存しないとは言い切ることができません。
デパスに比べると依存性は軽いので、デパスよりも安全性が高いと言えます。ですが、サインバルタを服用してから調子が良くなったという理由で勝手に薬の服用をやめてしまうと離脱症状が起こる事があります。
急に断薬するのではなく、医師の指示に従って少しずつ減薬するようにしてください。

デパスの代わりになるうつ病の薬一覧




サインバルタの評判は?(口コミと体験談)


【良かった口コミ】

サインバルタを飲み始めて約2週間が経って、少しずつやる気が出てきたような気がします。憂うつさもずっと続いてたせいで、引きこもり気味だったけど、2ヵ月間飲み続けてたら外に出てみようかなという気になれました。ゆっくりだけど、ちゃんと効果があるのでおすすめです!

即効性はないけど、確かな効果が気に入っています。サインバルタを服用する前は落ち込んだり、イライラする事が多かったけど今はかなり安定しています。

前はパキシルを飲んでいましたが、副作用が辛くてやめました。サインバルタも副作用が出たけど、症状は軽めだったし、一週間くらいで体が慣れました。そのおかげで長期的に服用し続けられています。

病院で処方してもらっていましたが、めんどくさなって通販で購入しました。病院から処方されているものと同じ薬だから、安心。何より病院に行かなくてもいいから手間が省けます。病院に行く時間とか交通費とかを考えると、通販の方がお得に思える。

セディールとかプロザックを試してきたけど、僕的にはサインバルタが1番でした!

サインバルタは夜寝る前に飲むようにしてます。体調が悪い日が続いていたけど、今は体調も良くなりました。体調が良くなったおかげでネガティブな事を考えなくなりました。


【悪かった口コミ】

うつ病と診断されてサインバルタを処方してもらいました。はじめて服用した日からこの一週間、何の効果もありません。

職場の人間関係に悩まされて、うつ状態になり心療内科でサインバルタを処方してもらいました。初日は特に変化なし。二日目に吐き気の症状が出て、4日間くらいしんどかった。副作用が少ないらしいけど、わたしには合いませんでした。

前はデパスと併用していました。デパスは確かに効果あるけど、眠気がひどくサインバルタと併用するようになってさらに眠気がひどくなった。これはサインバルタのせいだと思う。眠気が全く出ない薬はないのだろうか。

朝服用するように言われたけど、仕事行く前に服用すると、日中ものすごく眠くなります。飲まなかったら気分も上がらないので困る。

2ヵ月間くらい朝起きるのが辛く、倦怠感があったので病院にいったらサインバルタを出されました。一週間服用しているけど、効果がありません。

サインバルタを飲むと、とにかく眠気がひどいです。眠気がひどいから、やる気も出ない。

サインバルタを服用して、1週間ずっと吐き気、時々めまい、頭痛がありました。吐き気はそこまで強くなかったけど、気分悪くてしんどかったです。

サインバルタの体験談


30代 女性の場合

うつ病でレクサプロを処方されましたが、私には効かなかったので合わなかったのだと思います。副作用がなかったので、大丈夫な気がしたけど、4週間飲み続けても全く効かなかったので、サインバルタに変更してもらいました。
精神薬は副作用が出やすいと聞いていたので不安はあったものの、副作用はなかったと思います。
ただ飲み始めて3日目くらいに一度だけ吐き気がありました。
しかし、この吐き気の症状もその日だけだったので、サインバルタの副作用かどうかまでは判断することができませんが、副作用がでる人の体験談や口コミ情報を見ていると、一週間~二週間ほど副作用が続いていることがほとんどだったので、もしかすると私のは薬のせいではないと思います。

また、肝心のサインバルタの効果ですが、レクサプロでは抑えることができなかった症状がサインバルタに変更したことによって、気持ちが楽になりました。
うつ病になったことで、自分に自信がなくなって、仕事でも「どうせ目標達成なんて出来るわけがない!」と思っていました。
でも、SNRIの抗うつ剤にはやる気と意欲をあげる効果があるので、1ヵ月半くらい服用続いているうちに、やる気も出てきたようなそんな感覚がありました。

薬を飲む前までは、やる気も無く、いつも下を向いていたけど、今は仕事も一生懸命やろう!という気持ちで頑張ってます。
やる気が出た分、笑顔も増えたせいか、最近は職場の人からランチに誘われることが増えました。これはサインバルタのおかげだと思います。
まだ完全にうつ病は完治していないので、薬は飲み続けていますが、そろそろ量を減らしても良さそうだなと感じているところです。
精神薬は減薬と断薬するときに、離脱症状がでる事が多いようなので、病院の先生と相談しながらゆっくり挑戦していこうと思ってます。

サインバルタのメリットとデメリットは?

サインバルタのメリットは、

・意欲や気力を回復させる効果がある
・うつ病による痛みにも効果がある
・他の抗うつ剤に比べて効果が現われるのが早い
・副作用が出にくい

デメリットは、

・薬価が高い
・海外に比べると最高用量が低い

サインバルタはSNRIに分類されている抗うつ剤です。簡単に言うと、意欲や気力を回復させる事が出来る薬です。
通常、抗うつ剤を飲みはじめて二週間から四週間で効果を実感する事が出来ますが、サインバルタの場合は約一週間程度で効果を実感することが多いと言われています。効き目は強くないものの、体に馴染んでしまえば、しっかりと良くなる人も多いです。
人によって眠気や吐き気などの副作用が出ることもありますが、一週間程度で慣れてきます。他の抗うつ剤に比べて、副作用は軽減されていますので、比較的安全性の高い抗うつ剤です。

また効き目が強くない理由としては、海外に比べると一日の最高用量に違うという事です。日本では安全性が重視されている事から一日に最大60mgまでしか使う事が出来ません。一方、海外では一日に最高120mgも使う事ができます。そのためサインバルタだけでは物足りなさを感じて、他の医薬品と併用することもあります。
他の薬と併用することにより、薬代の負担が大きくなるのがデメリットとなります。
もともとの薬価も高いというのも気になりますが、ジェネリック医薬品も発売されています。少しで治療代の負担を軽くしたいという方はジェネリック医薬品に切り替える。通常よりも安く薬が購入できる通販サイトを活用すると良いでしょう。

サインバルタの通販はこちら
※リンク先はサインバルタ・ジェネリックです



TOPに戻る