抗うつ剤通販ナビ
うつ病治療薬イフェクサー

SSRIに分類されるジェイゾロフト

ジェイゾロフトとは

ジェイゾロフト

ジェイゾロフトはSSRIに分類される抗うつ薬で、日本では2006年から販売されています。海外ではもっと前の1991年から販売されています。
SSRIを簡単に説明するとセロトニンを増やす薬です。
セロトニンというのは、心のバランスを整える作用のある伝達物質です。セロトニンが不足してしまうと精神のバランスが乱れて気分が沈んだり、不安が出現すると言われています。セロトニンが増えることで、不安や憂うつな気分を改善することが出来ます。
SSRIに分類されている抗うつ薬は、ジェイゾロフト以外にレクサプロやルボックス。
パキシル、デプロメールがあります。

抗うつ薬というと副作用や依存症を心配する方が多いのですが、副作用が少なく、比較的安全性の高い抗うつ剤です。

このページではジェイゾロフトに関する効果や副作用について紹介します。

ジェイゾロフトの効果と特徴

有効成分は「セルトラリン」で、SSRIに分類されている抗うつ薬です。
気持ちが沈んで憂うつな気分や不安感を和らげて、意欲を向上させる医薬品です。そのため、以下のような治療薬として用いられています。

・うつ病
・うつ状態
・パニック障害
・不安障害
・ストレス障害
・強迫性障害
・月経前不快気分障害

他にも、不眠や過眠にも有効です。また精神的不安要素のある人以外に、健常者が服用しても効果があると認証されています。

効果発現まで最低でも2週間はかかると言われていますが、副作用が少ないので安全性の高い薬と言われています。

こんな人にオススメ

ジェイゾロフトは副作用が少なく、ゆっくりと効果が現われるため、以下のような人に向いています。

・症状が軽い人
・安全性を重視して治療したい人
・仕事をしながら治療したい人

抗うつ剤特有の副作用が少ないため、副作用の影響で仕事に支障が出ることも少ないと言えます。
抗うつ剤を服用すると、どうしても体重が増加してしまう傾向があります。しかしジェイゾロフトは体重増加が比較的少ないため、太ることを懸念している人にとっても安心して使用することができます。

ジェイゾロフトの副作用

副作用

ジェイゾロフトは抗うつ剤の中でも、比較的副作用が少ないとされている医薬品ではありますが、次のような症状が現われることがあります。

・吐き気
・めまい
・下痢
・便秘
・食欲不振
・眠気
・頭痛
・口の渇き

副作用の症状が強いという場合も、医師に相談してください。

ごく稀に、神経過敏になり不安感やイライラ。ソワソワして落ち着かない気分になる事があります。
重い副作用は滅多にないのですが、SSRI特異の副作用としてセロトニン症候群があります。初期症状で落ち着かない、不安感、混乱、興奮、体の震え、痙攣、発熱、発汗といった症候が出ます。普段となにか違うなと異変に気づいたら、すぐに病院で診察を受けてください。

ジェイゾロフトの注意事項

ジェイゾロフトとビール等のアルコールを一緒に服用すると、副作用の症状が強く出る可能性があります。服用する前にアルコールは飲まないようにしてください。 ジェイゾロフトの併用禁止薬は次のようなものがあります。

・三環系抗うつ薬
・リネゾリド
・炭酸リチウム
・ワルファリン
・トリプトファン
・スマトリプタン系片頭痛治療薬
・セイヨウオトギリ含有食品

日頃から服用している薬がある場合は、必ず医師に相談してください。

また、ジェイゾロフトの添付文書によると「妊娠中の投与に関する安全性は確立していない」と記載されています。ですので、妊婦している人。妊娠している可能性のある人。授乳中の人は服用を避けた方が良いとされています。

その他にも、24歳以下の精神疾患患者、肝臓が悪い人、緑内障、高齢の人は注意が必要です。

※参考:ジェイゾロフトの添付文書

精神疾患の種類




ジェイゾロフトの用法

ジェイゾロフトを初めて服用する場合、1日1回50㎎を朝または夜に服用します。
比較的安全性の高い抗うつ剤ですが、副作用として眠気が出る事があります。そのため、朝飲んで眠気が出て日常生活に支障が出る場合は服用する時間を夜に変更すると良いです。飲み始めに吐き気の症状が見られることがありますが、胃薬や吐き気止めを服用して対処することができます。初期の副作用の症状が気になる方は、医師に相談してください。

薬の増量はゆっくりと行い、1日に使用してもよい量は最高100mgまでとなっています。

ジェイゾロフトのジェネリック

ジェイゾロフトにもジェネリック医薬品が発売されています。有効成分は先発薬と同じセルトラリンですので、効果や副作用に違いはありません。

■セルティマ
セルティマ

販売元はインタスファーマで、1錠25mg、27円。1錠50mg、36円。
1錠100mg、45円で販売されています。
セルティマは、先発薬であるジェイゾロフトよりも薬価が安いため、ジェイゾロフトの使用を考えている場合はセルティマの選択がオススメです。

ジェイゾロフトとデパスの違い

ジェイゾロフトとデパスは、どちらもうつ病・うつ状態に効き目のある医薬品です。 抗うつ薬というと副作用が多いというイメージがありますが、デパスと比較すると副作用が軽く、うつ病患者以外に健康な人が服用しても効果があると認証されています。

この2つの医薬品を比較してみたところ、半減期については、

・ジェイゾロフトは服用後6~7時間で血中濃度が最高値になり、約26時間で血中濃度が半減。
・デパスは服用後3時間で血中濃度が最高値になり、約6時間で血中濃度が半減。

たしかにデパスは即効性が期待できる薬ですが、作用時間が短いため1日に3回服用する必要があり依存性がとても強いです。
一方、ジェイゾロフトは作用時間が長いので、1日1回服用するだけで済みます。
以前デパスを通販サイトで購入していた人が、安全性が高いという理由からジェイゾロフトに切り替える人も少なくありません。

ジェイゾロフトの評判(口コミ)

【良かった口コミ】

仕事での失敗が続いて、うつ状態。病院で正式にうつ病と診断されたわけではありませんが、頼れるものが欲しくて。ジェイゾロフトはうつ病じゃなくても使えるものだと聞いたので、ネットで購入。服用してから気持ちが楽になりました。


学生時代にアルバイトもした事がなく、現在社会人一年目です。同期で入社した中で1番落ちこぼれのような気がして毎日緊張と不安で、休日も気が休まりません。こういう症状にはデパスがいいらしいのですが、通販で購入できなかったため、副作用の少ないジェイゾロフトにしてみました。2週間くらいで効果を実感しました。勝手に深く考えすぎたりしてたけど、マイペースに頑張ろう!と思えるようになりました。


人前に出るのが苦手で、週に1回の会議が苦手です。必ず発言しなければいかない場なので、会議直前と前日の夜は憂うつな気持ちでした。現在、一ヶ月ほど服用しているのですが、リラックスできるようになりました。


デパスに代わる薬はこちら




【悪かった口コミ】

以前SSRIに分類されているパキシルを処方してもらっていたのですが、ジェイゾロフトの方が安かったので試してみたけど全然効かなかった。意欲低下を改善したかったけど、相性があるから仕方ないか。今度はSNRIのイフェクサーを試してみようかなと思ってます。


副作用として軽い吐き気とめまいがありました。軽い吐き気とは言え、数日吐き気を感じたのは辛かったです。仕事では車を運転することもあるので、ずっと飲み続けるのは不安です。他の薬を試してみたいと思います。


心配していた副作用は全くないものの、効果も感じることができませんでした。あと数日、服用し続けようか迷いましたが、できれば早く効果が出てほしいという気持ちが強かったので1週間で服用をやめました。


イフェクサーの詳細はこちら




ジェイゾロフトのメリット・デメリット

メリットデメリット

ジェイゾロフトのメリットは、効果と副作用のバランスが良い抗うつ薬です。
ジェイゾロフトよりも効果のある抗うつ薬はあります。たとえば、NaSSAに分類されているリフレックスやレメロンの方が効果は強いです。
しかし効果が強い分、副作用が多いです、副作用の影響で仕事や日常生活に支障が出て、長期間使い続けることができないという人も多いのです。

ジェイゾロフトは効果発現まで最低でも2週間はかかりますが、副作用は少ないので抗うつ薬による副作用を懸念している人でも安心して使うことができます。
また、うつ症状以外にも気持ちをリラックスさせる効果がありますので、強い不安感も改善できる薬です。

抗うつ薬を服用し続けてあとに服用を中止すると、離脱症状が起こります。この医薬品は、離脱症状が少ないので抗うつ薬の服用をやめるときの負担が少ないという特徴があります。

前述で紹介しましたが、ジェイゾロフトにはセルティマという薬価の安いジェネリック医薬品があります。抗うつ薬を長期間服用して治療することが多いので、薬が安いということは大きなメリットになります。

薬にはメリットもあれば、デメリットもあります。
他の抗うつ薬よりも副作用が少ない事は事実ですが、飲みはじめに吐き気や下痢といった胃腸障害が多いです。吐き気止めや胃薬を服用することで対処することもできますが、ほとんどの場合は体が慣れていき症状が落ち着いてきます。

他にもジェイゾロフトにより、約80%の人に性機能障害がみられると報告されています。これはジェイゾロフトだけではなく、ほとんどの抗うつ薬でみられる副作用です。抗うつ薬の中でも特にジェイゾロフトが多いというデメリットもあります。性機能障害の対処法として、他の薬に切り替えることで改善することもあります。
同じSSRIの薬であれば、レクサプロやルボックス、デプロメールに切り替えることで良くなる人もいます。

抗うつ薬には様々な種類があり、それぞれメリットとデメリットもあります。ジェイゾロフトは効果を実感できるまでに最低でも2週間はかかりますが、他の抗うつ薬と比較すると副作用が少ないというメリットがあります。副作用が気になる方、安全性を優先してゆっくりと治療したい方にオススメの薬です。

TOPに戻る