うつ病の治療薬通販ナビ
症状にあったうつ病の薬を紹介

精神疾患はうつ病以外にも様々な種類があります。原因や克服するための方法について記載しています。

精神疾患の種類

ハート

精神疾患の種類や特徴、克服法などをまとめましたので幾つかご紹介します。

うつ病

■特徴
うつ病は眠れない、食欲がない、意欲が沸かない、1日中落ち込んでしまう等と言う状況が続く症状です。精神的なストレスが重なる事で脳内で障害が起き、機能が普通ではないので考え方が否定的になり、自虐的になったりします。また不眠などの症状も現れ食欲不振等、逆に過食になる事もあります。 これらの症状が長く続いた場合は、病気のサインです。

■克服法
治療するには、まずしっかり休養する事が大切です。
その他にも薬による治療も有効的です。精神科で処方してもらう薬に抵抗がある方も中にはいるかと思いますが、他の病気と同じようにうつ病も薬を用いて治療を進めます。うつ病には抗うつ剤が効果的で以前はデパスが主流でしたが現在は個人輸入禁止となっている事から、デパスに代わるうつ病の薬を個人輸入して服用している方が増えてます。
その中でも特に「イフェクサー」の効果が注目されています。

しかし抗うつ剤を飲んだからといってすぐに治るような病気ではありませんので、どのくらいで完治するとは言えません。ですが早めに治療をはじめることで回復するのも早いと言われています。症状が悪化してしまうと自殺を考えてしまうこともあります。悪化してから抗うつ剤などを飲んでも思うように症状が改善されず、治療期間が長引いてしまうこともあります。ですので、早めに抗うつ剤を使用することに越したことはないです。

イフェクサーの詳細はこちら


うつ病の原因


双極性障害

■特徴
気分障害に区分される疾患の1つです。憂鬱な気分なうつ状態に急に気分が高揚し愉快な気分になったり、また落ち込んだりと繰り返し現れる病です。簡単に言えば落ち込んでるか愉快爽快な気分のどちらかしかないといった感じです。見た目は精神疾患に思えないので厄介な病とも言えます。

■克服法
早めに正しい治療をスタートさせると上記のような症状を調整しながらふつうの生活を送ることが出来ます。 この病気の治療目標としては躁状態・うつの状態から回復し、再発予防する事です。。双極性障害は再発を繰り返す度に次の再発までの期間が短くなり、深刻化しますので再発するのを予防することがとても重要です。 具体的には、薬による治療と心理社会的治療が用いられます。

適応障害

■特徴
適応障害は特定の状況、出来事がその人にとって耐え難く感じられ、その為に精神症状、身体症状、行動面に症状が現れる病です。症状としては憂鬱な気分、強い不安感、涙もろくなる、過剰な心配等があげられます。うつ病と似ていますが、ストレスとなる出来事が明確なので、その原因が解消されると徐々に回復します。しかし放置した状態でいると症状が慢性化する事もあります。薬物療法だけでは改善するのが難しい病ともいえます。

■克服法
まずは十分に休養することが大事です。もし職場(仕事)に強いストレスを感じているのであれば、休職することが必要です。人それぞれ差がありますが早い人は数日で改善する事が出来ますし、遅くても数週間で症状は良くなります。

パニック障害

■特徴
突然、めまいや動悸、吐き気、手足の震え等が起こり、その為に生活に支障がでる状態をいいます。この発作は思う程強く、自分では制御出来ません。この発作が起こりやすい場所は電車の中、エレベーター内、こういう密室が多いのも特徴です。 病気発症の引き金となる原因は完全にはわかっていないものの「過度なストレス」「睡眠不足」「お酒」「たばこ」「カフェイン」等が考えられ、現代的特徴として「スマートフォンの使用」も原因の一つとして考えられています。

■克服法
パニック障害を克服するためには自分自身を見つめ直し変わろうとする強い気持ちと努力が必要です。その他にも抗うつ薬の一種であるSSRIやベンゾジアゼピン系の抗不安薬による薬物療法が効果的です。海外ではイフェクサーが活用されていますので、パニック障害改善の効果もあります。

イフェクサーの詳細はこちら


アルコール依存症

■特徴
お酒を飲む量、飲むタイミング等を自分自身で調整出来ない状態の事をいいます。お酒を飲むのは良くない事と分かっていても脳に異常が起きてお酒を飲む事を止められず、お酒が無いといられなくなる状態になります。アルコール依存症はアルコールが抜けると「強いイライラ感」「不眠」「頭痛」「吐き気」「手の震え」「痙攣」「発汗」「動悸」といった症状が現れます。こういった症状をおさえる為に、またお酒を飲んでしまうのがいわゆる依存症共通の症状です。

■克服法
アルコール依存症を克服するには強い意志で断酒をする必要があり、断酒して症状が良くなったと思いこみ、お酒を口にしてしまうと再び元の状態に戻ってしまいます。ですので治療するには本人が活動的に取り組むのは勿論、親族や周りの人の協力も大切です。

薬物依存症

薬

■特徴
アルコール依存症と同じように薬物依存症は、大麻や麻薬、シンナー等の薬物に依存している状態の事をいいます。薬物を繰り返し使いたい、使っていないと不快になるから使い続ける、止めようと思っても止められないのが特徴です。薬物依存症には欲しいという欲求が我慢出来なくなる精神的依存と、薬がないと不快な離脱症状が現れる身体的依存があります。この薬物依存症の恐ろしい点は薬の効果に身体が慣れてきて、徐々に量が増えることです。

■克服法
薬物を止めるには本人の強い意志と、薬物を手に入れる経路を完全にさえぎる必要があります。

解離性障害

■特徴
解離性障害とは自分が自分であるという意識が失われている状態の事です。たとえば「記憶がハッキリしない、もしくは思い出せない」「自分の体ではないような気がする」「楽しい事をしているはずなのに楽しいと感じない」等があります。その他にも「ある出来事の記憶がない」「いつの間にか自分の知らない場所にいる」等といった様様な症状があります。多重人格障害もこのうちの一つです。多重人格障害の場合はある人格が表に出ている時は、もう一つの人格の時の記憶が無いことが多いです。 これらの症状の原因は過去の辛い経験を自分から切り離そうとする事から起こることが多く、一種の自己防衛本能と考えられています。

■克服法
まずは安心できる治療環境を準備する事がとても大切です。その中には親族や周りの人の理解と、精神科へ受診しているのであれば病院の医師との信頼関係も必要です。 心理療法であれば眼球を動かしながらトラウマとなった出来事を思い出すEMDRや、体の感覚を感じるフォーカシングなどが効果的です。薬物療法は補助的な役割を担います。

強迫性障害

■特徴
強迫性障害は、どうだってよい事であってもその事がどうしても頭から離れない、ある行動をしないではいられない、という強迫観念と強迫行為を繰り返してしまう症状が特徴です。たとえば、汚れているからと過剰に手を洗う、外出する際に鍵の締め忘れがないか何度も確認をしてしまう事があります。

■克服法
強迫性障害の治療法は薬物治療と認知行動療法の2つあります。この2つの方法を併用することで、より有効性があると言われています。薬物治療の場合はSSRIという脳内のセロトニンに有効のある薬が使われるのが代表的です。一定期間継続して服用することで、強迫行為をしたくなる衝動が薄れ気分にも余裕が生まれるという効果が期待できます。 強迫性障害は発症の出方や症状も人それぞれ違いますので、薬物治療のみで症状をある程度克服できる人もいますし、そうではない人もいます。ですから病状により治療方針を医師と相談すると良いでしょう。

睡眠障害

■特徴
「疲れているはずなのに眠れない」「眠りが浅く夜中に何度も目が覚める」といった事が続き、仕事中などに眠くなり日常生活に支障が出ているという場合は睡眠障害の可能性が高いです。不眠症も睡眠障害の一つですが、それ以外にも過眠症や睡眠呼吸障害など種類は様々です。 睡眠障害になる原因として、薬によるものや生活習慣の乱れ、過度なストレス等人によって原因によって様様です。睡眠時の無呼吸症候群の場合は夜間、酸素の供給量が極端に変わりますので脳卒中などの他の疾患のリスクも上がります。

■克服法
睡眠障害になった原因によって治療法も変わります。 過度なストレスが原因という場合は、自分なりのストレス発散法を見つけると良いでしょう。また眠る前に緊張感を和らげる効果のあるラベンダー等のアロマを焚くのもオススメです。その他、睡眠薬やサプリメントで治療する事も出来ます。

摂食障害

女性

■特徴
摂食障害には食事をほとんど取らなくなってしまう拒食症、極端に食べ過ぎてしまう過食症の2つあります。拒食症の特徴としては食事の量が減る、低カロリーのものしか食べない、その結果体重が極端に減り生理が来ない等といった症状があります。一方、過食症は一度食べはじめると止められない、短い時間に沢山の量を食べて吐く、ダイエットしたいと思っているのに食べすぎた事を後悔して憂うつになるといった症状がみられます。また拒食症から過食症になる事もあります。

■克服法
一般的には心療内科等で薬物治療や心理カウンセリング療法の2つあります。薬物治療はあくまで対症療法ですので、摂食障害を薬だけで完治できるものではありません。 たとえば激しく落ちこむ事やうつの症状、食べ物に対する強い欲望等を和らげる働きを期待する抗うつ薬であるイフェクサーや苛々して余裕がない、他人と会うと緊張してしまう等といった不安な気持ちが引き起こす諸症状に有効性がある抗不安薬、摂食障害が生み出す感情の浮き沈みが激しさ、衝動的な感情や行動を和らげる働きのある抗精神病薬等が代表的な薬です。

統合失調症

■特徴
統合失調症は心や考えがまとまりにくくなってしまう病気で、気分や行動に影響が出てしまい人間関係がむずかしくなる事があります。この統合失調症には陽性症状と陰性症状があります。陽性症状は幻覚や妄想など健康な時にはなかった状態が現れる症状です。陰性症状は意欲低下や感情表現が少なくなるという、健康な時にあったものが無くなってしまう症状です。 幻覚の特徴としては、周囲の人には聞こえない声が自分には聞こえるという幻聴が多く、周囲からは「独り言を言っている」「実際はないのに誹謗中傷された等の被害を訴える」「人と関わらず一人でいる事が多い」等、こうした事が統合失調症のサインです。

■克服法
自分自身で病気だと気づきにくいとされていますが、はやめに治療をスタートさせることで回復するのも早いです。そのため、周囲が異変に気づいたときに早めに専門機関に相談する事をオススメします。 統合失調症の治療には抗精神病薬が利用いられます。治療には抗精神病薬を欠かす事はできないというくらい重要な位置づけにあります。薬物以外の治療でも可能と医師が判断した場合はカウンセリング等の治療も行われる事はありますが、薬を使わずに治療することは正直むずかしいとされています。

パーソナリティー障害

■特徴
パーソナリティー障害とは一般の人と比べてこだわりが強かったり、心がとてもデリケートで神経が細かい事によって日常生活や社会生活、労働生活に支障をきたした状態の事いいます。特に注意しなければいけない点は、本人には悪意はありませんし、決して性格が悪い事を意味するものではありません。またパーソナリティー障害はほかの精神疾患を引きこす性質があります。合併する事が多い主な病気は、うつ病、双極性障害、不安障害、アルコール依存、薬物依存等があります。

■克服法
パーソナリティ障害は自然に治るものではないのですが、症状や困難性は適正な治療を受ける事で改善できます。 薬で完治させる事はむずかしく、薬物治療はあくまで対症療法になりますが、強い不安や緊張、抑うつ等といった精神症状を一時的に和らげる事ができる投薬治療を行う事があります。たとえば、うつ病の症状が現れている場合はSSRIや三環系の抗うつ薬が使われます。

PTSD

女性

■特徴
PTSDとは衝撃的で恐ろしい経験をし、それによって精神的ショックを受けることで発症する病気です。たとえば大地震などの自然震災や、虐待、犯罪被害等が原因で発症する事が多いといわれています。とても辛い体験や大きなショックを受けると食欲がなくなったり、眠れなくなる事もあります。これられは誰にでも起こり得るものですが、これが何ヵ月も長期間続く場合はPTSDのおそれがあります。

■克服法
PTSDかも?と思った場合は親しい人に相談したり、早めに心療内科や精神科の受診をすると良いでしょう。PTSDを放置すると精神疾患を併発する等、重症化する事もありますので自身でPTSDのうたがいがあると気づいた場合は速やかに病院で受診し、早めに治療をスタートさせることで早めに回復する事が出来ます。

てんかん

■特徴
てんかんは突然意識を失い、反応が無くなる等のてんかん発作を繰り返し起こす病気です。原因や症状は人十人十色です。脳の一部の神経細胞がある日突然、一時的に異常な電気活動を起こす事により生じます。基本的に症状は一過性で、てんかん発作が治まると元通りの状態に回復します。

■克服法
社会生活をするという点では、適切な抗てんかん薬を使う事で大抵の人が問題なく生活しています。その一方で、抗てんかん薬の効き目がなく難治性てんかんとして複数の抗てんかん薬の調整や外科治療等の専門的なてんかん治療が必要な場合もあります。

精神疾患の種類のまとめ

このように精神疾患と言っても色々な種類があり、原因や治療法もさまざまです。ここにあげたのは代表的な疾患であり、まだ色々と種類はあります。少しでも気になる所がありましたら気をつけて下さい。イフェクサーはこういったうつ病にも有効で、2015年から販売されている新しい抗うつ剤です。
イフェクサーはノルアドレナリンを増やす作用がありますので「意欲」「やる気」「気力」が低下した症状の改善に効果的です。

抗うつ剤を飲むと眠くなるという副作用を気にしている方も多いと思いますが、イフェクサーは他の抗うつ剤よりも眠気が出にくいというメリットがあります。
日本国内ではまだ販売されたばかりですが、海外では代表的な抗うつ剤として広く用いられて通販で気軽に購入する事が出来ます。またジェネリックも豊富なのでお求め安い価格で購入する事が出来ます。


イフェクサーの通販はこちら
※リンク先はイフェクサー・ジェネリックです

TOPに戻る