うつ病の治療薬通販ナビ
症状にあったうつ病の薬を紹介

アザピロン系抗不安薬のセディールの効果と副作用

セディールの効果と特徴

セディール

セディールは次のようなものを改善する薬です。

・心身症
・神経症
・うつ
・焦躁感(そうしょうかん)
・不安感
・睡眠障害

セディール錠は抗不安薬の中でも比較的おだやかに作用し、抗不安作用と抗うつ作用の両方に期待できます。ほかの抗不安薬と比較してみると効果は弱めですが、副作用は出にくいというメリットがあります。 前述でも記載したとおり、依存しにくい薬なので安全に服用する事ができます。

うつ病や睡眠障害といった精神疾患を患っていて、症状が軽い人。精神に作用する薬の副作用が心配な人。安全性を優先にして、ゆっくり治療をしたい人。デパスやデパスのジェネリック医薬品を使っていていた人に向いている抗不安薬です。


デパスの代わりになるうつ病の薬一覧




セディールの通販はこちら



そもそもセディールってどんな薬?

セディール錠はアザピロン系の抗不安薬です。
有効成分タンドスピロンは、気持ちを落ち着かせる。不安感や緊張感を緩和させる作用があります。
現在使用されている抗不安薬のほとんどが、ベンゾジアゼピン系です。ベンゾジアゼピン系は即効性に優れており、効果を実感しやすいという理由から評判のいい薬なのですが、依存症が問題になる事があります。
一方、このセディールは依存しにくいため安全に使う事ができる新しいタイプの抗不安薬です。

セディールはこんな人にオススメ

セディールの効果は弱く、即効性もありませんが安全性については、とても高いです。
そのため、次のような人に向いている医薬品です。

・症状が軽い人
・安全性を重視して、ゆっくり治療したい人
・精神科の薬の副作用が心配な人
・ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が合わない人

セディールの通販はこちら



セディールはどのくらいで効き始めるの?

セディールの服用をスタートして、約2週間から4週間くらいで効き始めます。
冒頭にも述べたように、セディールはうつ病や睡眠障害などで症状が軽い人。安全性を重視してゆっくり治療したい人に向いている抗不安薬です。
今すぐにでも症状を抑えたい人や、症状がひどい人、すぐに効果を実感したいと思っている人がセディールを服用すると、効き始めまで待っていられず、他の強い薬に変更してしまうケースが多いです。

確かに効き始めるまでの日数は他の薬よりも長いのですが、その分、副作用が出にくく依存もしにくい薬です。
セディールを使う人の多くは、精神科の薬の副作用が心配で安全性を重視したい人だと思います。
それなのに効き始める前に焦って強い薬に変更してしまうと、副作用や依存性のリスクが高まりますので非常にもったいないです。

服用しはじめてから徐々に体になじんで効き始めます。
安全性を重視して治療したいと思ってセディールの服用をはじめた場合は、効き始めるまで焦らずに服用を続けるようにしましょう。
ただし、うつ病や睡眠障害の症状が重い人や、不安症状が強い人はセディールよりも少し強めの抗不安薬に切り替えるといいです。
担当医師に副作用が出にくい薬を使いたいという事を伝えて、他の薬を処方してもらいましょう。

セディールの副作用と対処法

副作用

副作用は出にくいとされていますが、以下のような症状が現われることがあります。

・眠気
・吐き気
・ふらつき
・倦怠感
・食欲不振
・頭痛
・動悸
・多汗
・便秘
・不眠
・ほてり
・発疹
・口渇
・目のかすみ

重い副作用はほとんどありませんが、稀に以下のような症状が現われる事があります。

・悪性症候群
・セラトニン症候群
・肝機能障害

医薬品には副作用のリスクがつきものですが、他の抗不安薬に比べるとそのほとんどが軽度です。
セディールには気分をリラックスさせる効果があり、寝つきがよくなる薬なので、副作用による眠気は仕方ないことです。上記以外の副作用が出る可能性もありますが、重い副作用の症候は少ないと言われています。気になる症状が現われた場合は、医師に相談するようにして下さい。

注意事項

他の抗うつ剤や安定剤と併用すると、強く効きすぎることがあります。強く効きすぎてしまうと副作用が出やすくなりますので、他に抗うつ剤、安定剤を使っている場合は必ず医師に相談しましょう。
この手の薬は服用すると眠気が出る事が多いため、運転や高所での作業は控えるようにしてください。
その他にも次のような人は、セディールを服用する際は症状が悪化。あるいは副作用のリスクが高まる可能性がありますので、使用前に必ず医師に相談しましょう。

・妊娠している人
・妊娠している可能性がある人
・授乳中の人
・高齢者
・呼吸不全がある人
・脳に器質的障害がある人
・肝障害がある人
・腎障害がある人

副作用の眠気が続いた場合の対処法

セディールにはリラックス効果があります。
程良くリラックスするくらいならいいのですが、人によって薬が効きすぎてリラックスし過ぎてしまう事があります。
リラックスし過ぎてしまうと、眠気が出たり、だるさ、ふらつきといった症状が現われます。

セディールを飲みはじめた頃に眠気やだるさ、ふらつきが出た場合、すぐに服用をやめず、1週間から2週間ほど様子をみましょう。
理由としては、セディールを飲み始めた頃に出るこれらの副作用の症状はほとんど軽めです。
しばらく服用を続けるとセディールが体に慣れてきますので、たいてい1週間から2週間くらいで治まります。

ただし、2週間経過しても眠気などの症状に改善が見られないという場合、用量を減らしてください。
たとえば、セディールを1日に最大量の60mgを飲んでいて強い眠気があるという場合は、1日30mgまたは40mgにすると良いです。
用量を減らすことで眠気も出にくくなります。

しかしながら、用量を減らす事で効果も弱くなってしまいます。
眠気などの副作用を軽減することよりも、効果が弱くなってしまう方が困るという場合は、他の抗不安薬に変更するという対処法もあります。
ですが、セディール以外の抗不安薬のほとんどはセディールよりも副作用が出やすく、副作用の眠気が続く。強いという理由から他の薬に切り替えることで、逆に副作用の症状が悪化してしまう可能性があります。
他の抗不安薬に切り替える事を考えている場合は、必ず医師に相談してください。

太る原因とその対処法は?

太る原因とその対処法は?

「セディールを飲むと太る?」または「セディールを飲んでから太った」という人がいます。
この記事を読んでいる人にも太ることを懸念して、セディールの使用を迷っている人も少なからずいるかと思います。
どういう事が原因で太るのかをまとめてみました。

■原因①-過食-

うつ病の治療薬(抗うつ剤や抗不安薬)を飲むことで、食欲増進することがあります。
薬を飲み始めてから、気がついたら太った経験がある人のほとんどが、1日3食では物足りず、スナック菓子や菓子パン、インスタント食品などで空腹を満たしているという事が多いです。

■原因②-体を動かさない-

うつ病になると、「人に会いたくない」「外出したくない」「部屋から出たくない」「常にだるい」などと思うことが多いです。
そのため、行動範囲が狭くなる為、運動はもちろん体を動かす機会が減ってしまいます。


薬を飲んで太る原因は、主のこの2つが当てはまるのではないでしょうか。
これらの原因から下記のような生活習慣を改善することを意識するといいでしょう。


■対処法①-食生活を見直す-

・炭水化物を多く含む食べ物は控える
・夕食後に間食しない
・外食やコンビニ・インスタント食を控える
・間食を減らす
 難しい場合は、カロリーの低いものを食べて、徐々に間食を減らす

■対処法②-体を動かす-

・ストレッチをする
・ウォーキングをする
・調子がいい時は積極的に外出する


今回は太る代表的な上記2つの原因とその対処法についてまとめましたが、原因は人それぞれかと思います。
もしもセディールを服用して太ってしまったのであれば、まずはご自身の生活習慣を見直すことで太る原因がわかるはずです。

セディールの飲み方

1回1錠(10mg)を1日3回に分けて服用します。症状にもよりますが、1日に最大6錠(60mg)まで飲む事ができます。しかし、これは症状によって異なりますので効果を実感する事ができない。早く症状を和らげたいという理由から自己判断で用量を増やさないようにしてください。

依存性は少ない薬であっても自己判断で用量を増やす事で、薬に頼りがちになり、結果依存してしまう恐れがあります。安全に使用するためにも、自己判断で用量を増やす事は避けましょう

セディールとデパスを比較してみました

デパスを個人輸入する事が出来なくなったため、デパスの代替薬の中にセディールも含まれています。
どちらも抗不安薬なのですが、それぞれ抗不安作用の強さや作用時間が異なります。

作用時間について、セディールの場合は1.2時間前後と短く、デパスは約6時間となっています。
デパスは服用するとすぐに不安感がスーっと消えるのに対し、セディールは長く飲み続けることでセロトニン受容体の数が少しずつ減っていき、それが抗不安作用に繋がります。そのため、実際に効果を感じることができるまでに2週間から4週間はかかります。

即効性があり、強い効果があるデパスには副作用や依存、離脱症状も強いというデメリットがあります。
たしかに2つの薬を比べてみるとセディールの方が効果を実感するまでに時間もかかりますし、作用時間も短いのですが、その分、副作用・依存・離脱症状は少なめです。
そのため症状が軽く、他の抗不安薬が合わなかった人。副作用が気になる人に向いている医薬品です。
また副作用による眠気の症状も少ないため、仕事をしている人が日中に服用してもそれほど影響は出ないので使いやすい薬です。

セディールの通販はこちら



デパスを使っていた人にも好評!気になる口コミチェック

【良かった口コミ】

セディール錠を服用する前は、周囲の目が気になって友達に誘われても断る事が多かったのですが、このお薬を飲むようになって気持ちが落ち着くようになりました。最近は友達とランチに行けるくらい調子がイイです。持続時間は短めな気がするのですが、副作用がないところが気に入ってます◎


以前デパスを使っていたのですが、通販で買えなくなったのでセディールを使ってます!セディールの前に一度だけバスパーを飲んだけど、その時は胃がムカムカしてちょっと自分には合わなかったです。セディールは胃がムカムカするような副作用がないし、寝つきもよくなりました!セディールも合わなかったら病院に行って相談しようと思ってたけど、デパスの代わりになる薬が早く見つかって本当に良かったです。


マイナス思考で、夜寝る前にずっと考え事をしているせいで不眠症に。食後に飲むようにしているのですが、ベッドに横になると一日の出来事を振り返ることなく、自然に眠れるようになりました!


寝つきが悪かったけど、セディールを飲んでから寝つきがよくなりました。夜寝る前に飲めば、日中眠くなることもないから安心して服用できます。


他の薬を飲んで、少しずつ不安症状がよくなってきたのでセディールに切り替えました。効き始めるまでに少し時間はかかったけど、全く副作用が出なかったので、長期的に服用することができています。前に一度だけジェイゾロフトを飲んだことがあったけど、二日酔いの時のような吐き気が何日も続いて辛かったので、薬を切り替える時にはとても不安でした。でもセディールは吐き気はもちろん、他の副作用も出なかったので私に合っている薬です。


【悪かった口コミ】

確かに副作用はないけど、2週間飲み続けても効き目がないような気がしました。そして3週間くらい飲み続けて、若干効果を感じる事が出来ました。穏やかに作用するっていうのは、こういうことだったのか・・・。私には物足りなさを感じます。


眠くなるような副作用は感じないので安全に使用できると思います。ただ効きが弱い。それなのに結構高いので、次はイフェクサー・ジェネリックかバスパージェネリックを試してみようかなと・・・。薬の価格だけで決めてはいけないけど、安さに惹かれる。自分にあうものかは不明だから、一度病院で相談して決めようかな。


私にはまったく効果がないので、飲むのをやめました。抗不安薬って不安や緊張には即効性があるものだと思ってたけど、即効性はないように思う。デパスがネットで買えなくなったから困ってる・・・。軽い症状の人には向いてるかもしれないけど、私にはちょっと・・・。


効果が弱くて、用量を増やしたら吐き気と頭痛の副作用が出てしまいました。量を減らすと効き目を感じないので、正直困ります。


不安感が強くレクサプロを飲んでいたけど、頭痛がひどくて、仕事に集中できませんでした。なので、副作用の少ないセディールを飲んでみたら、確かに副作用はなかった。効果もいちいちな感じです。効いているのか効いていないのかよくわかりません。


口コミからも分かるように、セディールの効果は弱めで即効性はありません。しかし副作用が出にくいので、安全性は高いという事がわかります。そのため、症状が軽い人。他の抗不安薬で副作用が出た人。安全性を優先にして、ゆっくり治療したい人に向いている抗不安薬です。

セディールでうつ病を克服した人の体験談

私はセディールでうつ病から抜け出す事ができました
ずっと好きだったネイルを仕事にしたいと思い、美容学校に進学。
夢に向かって勉強しようと前向きだったのは、入学してから半年くらいまで。
年配の先生と性格が合わず、授業も楽しくなくて不登校になり、たまに学校へ行っても授業についていくことができず孤独と不安感でいっぱいになり、うつ気味になりました。

1年間休学したものの、無事に美容学校を卒業することができましたが、周りの友達は次々と就職先が決まっていく中、私は就職活動してもなかなか決まらず、自分だけ取り残されているような気がして、焦りと不安が強くなり、眠れない日が続きました。
病院に行ったら、軽度のうつと診断されました。
最初、デパスを飲んで少しずつ症状がよくなったので、副作用の少ないセディールに変更しました。

セディールもデパス同様、マイナスな事を考えず、夜は自然に眠れました
なぜ私がデパスからセディールに変更したかというと、デパスを飲み続いているとやめる時が大変という情報をネットで見たからです。
詳しく調べていろんな知識がついたせいで、ちょっとこわくなったので、依存しにくい薬はないか調べた結果、セディールが1番よさそうだったのでセディールに変更しました。

私はある程度、デパスを服用してから症状がよくなってたので問題なく切り替えることができました。
私の場合、1年半くらいセディールを服用して、今はセディールを飲まなくても前向きに楽しく過ごす事が出来ています。

セディールの通販はこちら



セディールのメリットとデメリットは?

セディールの一番のメリットは、何と言っても安全性の高さです。近年、よく使われているベンゾジアゼピン系の抗不安薬と違い、脳の活動を強制的に停止させるような医薬品ではありません。そのため、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に多く見られる眠気やふらつきの副作用の症状が現われにくいです。

またデパスなどのベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、依存性が問題視されています。しかし、このセディールは作用機序が異なるため、依存する心配がありません。

セディールはセロトニンに作用するため、抗うつ効果が期待できます。抗うつ効果と言いましても、近年よく使われているSSRIやSNRIに分類されている抗うつ薬よりも弱めです。セディールを使用しながら、さらに抗うつ効果が欲しいという場合は、抗うつ薬との併用で相乗効果を期待することができると言われています。

セディールのデメリットは即効性がなく、効果を実感するまでに時間がかかるという点です。効果を実感する事ができるまでに約2週間から4週間もの日数がかかります。もともと症状が軽い人であれば問題ないかもしれませんが、すぐに効いて欲しいという人には正直なところセディール錠は向いていません。

薬の値段が他の抗不安薬と比べると、少々高めというところも難点です。穏やかな効き目から、症状によっては1日60mgまで服用することが多いです。また抗うつ薬と併用するとなると、毎月の薬代の負担が増えるというデメリットがあります。

セディールの効果は物足りなさを感じる事が多い反面、副作用が少なく依存性の心配もないので安全性を重視している人には向いている薬です。

TOPに戻る