抗うつ剤通販ナビ
うつ病治療薬イフェクサー

抗不安薬のバスパー

バスパーとは

バスパー

バスパーは有効成分「ブスピロン」が脳内のセロトニンに作用し、セロトニンの濃度をあげる効果があります。現在、日本でも注目されているイフェクサーと同じような効果。不安なきもちを抑え、気分を明るし意欲、気力が増加します。主に不安障害の治療に使われる医薬品です。
また抗うつ効果と睡眠効果もあることから、うつ病や入眠障害にも有効です。
日本ではデパスを使ってうつ病の治療をしている人が多かったのですが、2016年の10月からデパスが輸入出来なくなったため、バスパーを選択する人も増えてきました。
日本ではまだ認可されていない薬ですが、通販サイトで買うことが出来ます。輸入禁止になったデパスには依存性が問題視されていましたが、バスパーはその心配はありません。

バスパーの効果と特徴

バスパーは「セロトニン5-HT1A受容体作動薬」で、非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 うつ病や不安障害などの精神疾患の症状を緩和させる薬で、抗うつ剤のひとつです。不安な気持ちを抑制させて、物事へのやる気が増加します。そのためバスパーは次のような効果があります。

・緊張感
・不安感
・入眠障害
・不眠症
・焦燥感(そうしょうかん)

脳内の興奮をリラックスさせる為に不安を抑制させる作用がありますので、不眠症の人や睡眠に障害がある方にも有効です。とくに仕事などの悩みやストレスで寝つきが悪いという人に向います。

バスパーは他の抗不安薬と比べると緩やかに効果が現れるため、依存しにくいのが特徴です。副作用も少ないので、安全な抗不安剤として評判のある薬です。

バスパーはこんな人にオススメ

・安全性を重視して治療したい人
・ゆっくりと自然体に近い状態で治療したい人
・不眠症の人
・不安や緊張、うつの症状を同時に改善したい人
・人前で焦ったり、不安が出る人

バスパーの副作用

副作用

バスパーに限らず、どんな薬でも副作用のリスクはついてくるものです。とくに抗うつ剤や抗不安薬は飲む人によって副作用の度合いが変わります。副作用の症状が重いという場合は、医師に相談し他の医薬品に替えてもらうといいです。
副作用の症状としては、次のようなものが報告されています。

・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・強い眠気
・神経過敏
・胃のむかつき
・便秘
・下痢
・おう吐

安全性が高い抗不安薬ではありますが、強い眠気や頭痛。立ちくらみの症状が出る可能性があります。とくに運転する際や高所での作業がある場合は危険です。仕事をしながら治療を進めていてバスパーを服用する際は、それを理解したうえで使うようにしてください。
副作用が強くでる場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

バスパーの注意事項

普段、他の抗うつ薬や精神安定剤。睡眠薬を飲んでいる方は、副作用の症状が強くでる恐れがありますので、他の抗うつ薬や精神安定剤・睡眠薬との併用は出来ません。それ以外にも抗パーキンソン病の薬(マネリックス。オーロリックス)や酔い止め。鼻水・花粉症等のアレルギー症状に使われている抗ヒスタミン薬との併用も出来ません。

また、次のような人はバスパーを使用する際に注意が必要です。

・妊娠している人、または妊娠している可能性のある人
・授乳中の人
・肝機能障害のある人
・腎機能障害のある人
・てんかんを患っている人

治療中の病気がある人や普段服用している医薬品がある人は、バスパーを使用する前に必ず医師に相談してください。

バスパーの用法

バスパーは1日に2回~3回服用することができます。
はじめは1日15mgを分割で服用します。症状によって2日~3日毎に5mgずつ増やし、最大服用量は60mgまで服用する事ができます。1日20mg~30mgを分割服用するのが一般的となっています。
強い眠気がでる可能性があることから、仕事に行く前や外出前には飲まず就寝前に服用するのが良いとされています。

仕事中でも服用したい。高所での作業が多いという人はバスパーと同じく安全性の高いイフェクサーを使うことをオススメします。イフェクサーも副作用が少なく、強い眠気が出ないことから仕事をしながら抗うつ剤を使いたい人でも安心して服用できます。

イフェクサーの詳細はこちら




バスパーのジェネリック

バスパーには薬価の安いジェネリック医薬品もあります。先発薬よりも安く購入する事ができるため、下記のようなジェネリック薬を選択する人が多いです。

■バスポン(バスパー・ジェネリック)
バスポン

販売元はDeva Holdingsで1錠5mg、57円で販売されています。

■バスピン
バスピン

販売元はIntas Pharmaceuticalsで1錠5mg、27円。1錠10mg、49円で販売されています。
同じジェネリック薬でも、バスピンの方が安いので治療のための薬代を節約することができます。

どちらも先発薬のバスパーと同じ有効成分ブスピロンのため、効果や副作用は同じなので安心して服用できます。

※お薬なび参考

バスパーとデパスの違い

バスパーとデパスはどちらも抗不安薬です。この2つの薬を比べてみるとデパスの方が即効性があるため、すぐに効果を実感する事ができます。その一方、副作用がとても多いという理由から安全性が疑問視されています。

比較しやすいように即効性と効果について、わかりやすくまとめましたので参考までにご確認ください。

即効性については、

・バスパー:ゆっくり。服用してから約1週間から2週間後。
・デパス:即効性が高い。

効果については、

・バスパー:うつの症状、不安障害、不眠症。
・デパス:うつの症状、不安障害。入眠効果。筋弛緩作用。

バスパーの効き目は緩やかではありますが、副作用が少なく依存性も少ないことから安全性の高い抗不安薬です。安全性を重視したいという方はバスパーを選択する人が多いです。

バスパーの評判(口コミ)

挙手

【良かった口コミ】

精神的に不安定な時とか、漠然とした不安がある時にバスパーを飲むと安定します。


気持ちが落ち着かない日が多かったのですが、バスパーを飲みはじめてからパニックにまでならずに済んでいます。


1錠では効果がなく、2錠飲んだら眠気がきたので私には2錠飲むのが合っているのだと思います。


ゆっくりだけど、効いている気がします。気持ちが楽になります。


【悪かった口コミ】

バスパーのジェネリック薬が安かったので買ったのはいいけど、他の睡眠薬と比べると効果を実感することができず。2カプセル飲んでも全然眠くならなかった。


今までいろいろな薬を試してきたけど、効果が薄かったです。


抗不安薬として使いましたが、軽い動悸と頭痛などの副作用が現われました。副作用は我慢できる程度の軽さだったので仕事に支障がでることはなかったです。ただ睡眠薬としての効果はイマイチかと思います。


副作用もなければ眠気もありません。値段が安いのが救いかな。


バスパーのメリットとデメリット

前述にも記載しましたが、バスパーはゆっくりと効果が出て副作用や依存性が少ないという特徴があります。
よってバスパーのメリットとしては、副作用が少なく依存しにくい。デメリットは他の抗不安薬や抗うつ薬に比べると効果が現われるのが遅いという事になります。

効果を実感するまでに、約1週間から2週間くらいかかりますので、症状をすぐに緩和させたい。すぐに効果が現われてほしいという人には向いていません。
しかし安全性を重視して、ゆっくりと治療をしたいという人にオススメです。

TOPに戻る