抗うつ剤通販ナビ
うつ病治療薬イフェクサー

SSRIに分類されるレクサプロの効果

レクサプロの効果

レクサプロ

レクサプロは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されているうつ病の治療薬です。

うつ状態、うつ病になる原因のひとつに、セロトニンが不足していることがあげられています。セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで三大神経伝達物質のひとつです。そのセロトニンが不足してしまうと、気持ちの落ち込み、無気力になります。
他にも、うつ病や不眠症といった様々な精神疾患になりやすいと言われています。
レクサプロを服用すると、セロトニン不足を解消できます。

有効成分は「エスシタロプラム」で、うつ病以外にも次のような症候に効果がある薬です。

・うつ状態
・社会不安障害
・対人恐怖症
・摂食障害
・月経前不快気分障害
・パニック障害
・強迫性障害
・外傷後ストレス障害

うつ病の治療薬と有名なのはデパスです。以前は気軽に通販サイトでも買う事ができたのですが、現在デパスを通販サイトで買う事が出来ません。そのため、通販でも購入できるデパスの代わりになる薬としてレクサプロに切り替えている人も少なくありません。
その訳は、デパスよりも副作用が少なく安全性が高いからです。

抗うつ薬を効果の強さだけで選んでしまうと、効果が強い分、副作用も強く起きてしまいます。
逆に安全性を重視して、副作用が少ないものを選ぶと効果を実感しづらいというのも事実です。
しかし、このレクサプロは確かな効果を実感する事ができ、副作用が少なくバランスの取れた抗うつ薬です。
SSRIに分類されている抗うつ薬はレクサプロ以外に、ジェイゾロフトやルボックス、デプロメール、パキシルがあります。これらの抗うつ剤は飲み始めてから効果を実感する事が出来るまで最低でも二週間はかかります。一方、レクサプロの場合は約一週間で効果を実感することできます。
SSRIに分類されている抗うつ薬の中でも、レクサプロはセロトニン以外の脳内物質には影響を与えることなく、セロトニンのみに効果を発揮します。

レクサプロはこんな人にオススメ

・仕事をしながら治療したい人
・不安が強い人
・早く効果を得たい人
・女性

抗うつ剤にはリラックス効果があるため、どの抗うつ剤にも副作用で眠気が出る事があります。即効性があり、抗うつ効果が強い薬ほど強い眠気が出てしまいます。そのため、仕事をしながら抗うつ剤を使うことを懸念する人もいますが、レクサプロは他の抗うつ薬に比べると眠気はそれほど強くありません。また1日1回服用するので、夕食後に薬を飲む事で、日中に眠くなることを避けることが出来ます。

またSSRIの中でもレクサプロは、不安解消に効果的です。ですので、不安障害やパニック障害の人は確かな効果を実感する事ができます。

レクサプロの効果のところでも記載しましたが、他のSSRIと比較すると早い効果が期待できます。
通常、抗うつ剤は少量から飲みはじめて、徐々に用量を増やします。しかしレクサプロの場合は安全性が高い薬なので、最初から有効用量の10mgから服用することができます。それにより他のSSRIよりも早く効果を得る事ができるのです。

レクサプロは男女ともに服用できる抗うつ剤ですが、その中でも女性に向いています。SSRIの効果の違いを男女で比較したところ、レクサプロとジェイゾロフトは男性よりも女性に効果的だったいう報告があります。

レクサプロの副作用

レクサプロは副作用が出にくいと言われていて、安全性が高い薬ですが、以下のような副作用が報告されています。

・吐き気、おう吐
・食欲不振
・下痢
・眠気
・めまい
・頭痛
・不眠
・不安、イラつき
・性機能異常

重い副作用はめったにありませんが、SSRI特有の副作用としてセロトニン症候群があります。初期症状として「そわそわする」「興奮、混乱」「体の震え、ピクつき」といった症状が現われます。レクサプロを飲みはじめた時や、増量した際に現われる事が多いです。いつもと何か違うなと思ったら、早急に病院で診察を受けてください。

レクサプロに限らず、効果のある薬。副作用がでにくい薬であっても、様々な副作用が報告されています。また、抗うつ薬は相性があります。どんなに副作用がでにくいと言われていても、日常生活に支障がでるくらい強い症状が出た場合は医師に相談して他の抗うつ薬に切り替えるといいです。

注意事項

レクサプロをアルコール類と一緒に飲むと、副作用が出やすくなります。レクサプロ使用中は、可能な限り飲酒を控えるようにして下さい。
アルコール以外にも、セイヨウオトギリソウというハーブが含有するハーブティーや健康食品、サプリメントもできるだけ避けた方がいいとされています。併用することで、強い副作用が出る恐れがあります。

また、次のような人はレクサプロを使用する際に注意が必要です。

・妊娠中、妊娠している可能性がある人
・授乳中の人
・24歳以下の人
・高齢の人
・不整脈、肝臓病、心臓病の病気にかかった事がある人
・躁うつ、てんかんの精神疾患にかかった事がある人

副作用により眠気やめまいの症状が起きる可能性がありますので、車の運転や高所での作業には注意が必要です。

レクサプロの飲み方

成人の場合は10mgを1日1回、夕食後に水またはぬるま湯で服用します。増量する場合は1週間以上間隔をあけてください。1日の最大用量は20mgとなっています。
年齢や症状によって用量が変わりますので、自己判断で増減せず必ず医師の指示に従ってください。

長期間服用しても、依存性はないとされているので安全です。

離脱症状

レクサプロは、他のSSRIに分類されている抗うつ剤よりも離脱症状が起きにくいとされています。他の抗うつ剤のように、徐々に減らしていく必要はないと言われているのですが、レクサプロも徐々に減薬してください。他のSSRIよりも離脱症状を起こしにくいというだけで、絶対に離脱症状が起きないという事ではありません。また医師の指示に従い、ゆっくりと減薬していたとしても人によっては離脱症状を起こしてしまうこともあります。

レクサプロの服用を中止して、およそ2日後くらいから少しずつ離脱症状が現われてきます。特に20mg飲んでいた人が急に飲みなくなった場合に生じやすいです。
このような場合は、レクサプロを使用を再開してください。そうすれば数日で改善されます。

医師の指示に従ったにも関わらず、離脱症状が起きてしまう事もあります。
離脱症状は完全に治っていない状態で減薬を行った際に起きます。離脱症状が現われたということは、完全に治っていない事になります。そのような場合は、減薬する時期を数ヵ月後に先延ばしするか、減薬のペースを落としてください。

レクサプロのジェネリック

レクサプロには薬価の安いジェネリック医薬品が複数あります。
先発薬のレクサプロは1錠20mg、約490円と高いのですが、有効成分が同じなのでレクサプロよりも安い値段で買う事ができるジェネリック薬を選択する人が多いです。

■エスケート
エスケート

販売元はサバメディカ社で1錠20mg、89円で販売されています。

■シタロプラム
シタロプラム

販売元はUK Generic社で1錠20mg、51円。1錠40mg、77円で販売されています。

■エスシタデップ
エスシタデップ

販売元はシプラ社で1錠5mg29円。1錠10mg、38円。1錠20mg59円で販売されています。

※お薬なび参考

レクサプロとデパスの違い

レクサプロとデパスどちらもうつ病の治療薬ですが、持続時間などに違いがあります。

2つの薬剤を比較したところ、半減期と持続時間については

・レクサプロ:半減期は約24時間~55時間。持続時間は130時間。
・デパス:半減期は約6時間。持続時間は約4~6時間。

デパスは即効性はあるものの持続時間が短いため、1日3回服用する必要があります。
一方のレクサプロは、血中から薬が無くなっても130時間は効果が持続します。そのため、1日1回の服用で済みますし副作用も出にくく、離脱症状もほとんどありません。

レクサプロの評判(口コミ)

【良かった口コミ】

うつ状態が一年くらい続いていましたが、病院に行くほどでもないと思っていたのでずっと放置していました。症状がよくなるどころか、悪化していったのでセディールを飲みました。なかなか効果が出なかったのでレクサプロに切り替えたら、少しずつ元気を取り戻しました。どちらも副作用がでにくい薬だけど、効果的にはレクサプロの方がしっかりしている印象です。


強い副作用も無く、レクサプロを服用して半年経過しました。休職中ですが、飲み始めの頃よりも外出する頻度が増えました。この調子でいけば、職場復帰もできそうな気がします。


3年前にうつ病と診断されて、レクサプロを服用していました。うつ病になった原因は仕事。毎朝憂うつで、仕事に行くのが嫌で休むことも多かったのですが、レクサプロを服用しはじめてから、少しずつやる気が出て症状がよくなりました。今は少しずつ減薬中。心配していた離脱症状もないです!


レクサプロを服用してから、だいぶ良くなりました。最近気分がいい日が続いていて、うっかり薬を飲むのを忘れてしまうこともあるくらい。1日飲むのを忘れても悪化することがないので、様子見ながら薬をやめようかと思ってます。


【悪かった口コミ】

レクサプロを飲み始めたときに、吐き気があってとても辛かった。病院に行って相談したら、レクサプロの使用は中止になった。副作用が出ない人もいるようだけど、私には合わなかった。


レクサプロは副作用の眠気があまりないとネットに書かれていたけど、私の体には合わないのか日中眠くなる事が多かったです。仕事ではミスが許されないので、不安が解消されるどころか、不安感でいっぱいでした。その後、イフェクサーに切り替えました。イフェクサーの方が眠気が少ないと思う!


レクサプロ、確かに効き目を感じたけど、食欲が出て7kg太ってしまった。


レクサプロは離脱症状になりにくいと聞いてたから安心してたんだけど、症状がよくなった時に服用するのをやめたから離脱症状が出ました。自己判断でやめたので、自分が悪いのだけど・・・。そして結局、今も服用続けてます。


レクサプロのメリット・デメリット

レクサプロのメリットは、最初から有効用量の10mgから服用することができます。そのため、他の抗うつ薬と比較すると早い段階で効果を実感することができます。効き目が早いわりに副作用が少ないので、効果と安全性のバランスが良い薬です。

薬の効果のみを見ると、レクサプロよりももっと効果のある抗うつ剤はあります。
ただ、そういう薬は副作用が強く、最初の段階で薬を服用する事を止めてもっと副作用の少ない薬に変更する事も少なくありません。副作用により別の薬剤に変更しなければいけない事を考えると、最初から副作用が少なく、そこそこ効果のある薬剤を使った方がいいのではないでしょうか。

レクサプロは抗うつ薬でありながら、不安にも効果があります。添付文書によると、不安障害での適応は社交不安障害のみになっています。ですが他にもいろんな種類の不安障害にも効果が期待出来ます

レクサプロには良い部分もありますが、デメリットもあります。それは薬価が高いということ。ただし、現在はジェネリック医薬品も発売されていますので、治療薬を安くおさえたいという人はレクサプロ・ジェネリックやシタロプラムといったジェネリック薬を選択するとよいでしょう。

副作用が軽減されている抗うつ薬ではありますが、人によって副作用の出方は異なります。レクサプロを使って副作用が出る人はいないとは言い切ることはできません。日常生活に支障が出ない程度であれば、最初のうちは我慢し、強い副作用に耐え切れないという場合は医師に相談し、レクサプロよりも副作用が出にくい治療薬に変更してもらうと良いです。

抗うつ薬の使用期間は、少なくとも半年から一年です。完治するまでは、焦らず服薬を続けて下さい。

※参考:レクサプロの添付文書

TOPに戻る