抗うつ剤通販ナビ
うつ病治療薬イフェクサー

うつ病は誰でも発症する可能性のある病気です。原因は様々ありますが、イフェクサーなどの薬で早めに対策をするのが大切です。

うつ病の原因

憂鬱な女性

うつ病とは誰でもかかってしまう可能性がある病気の1つであり、珍しい病気ではありません。患者さんは辛く苦しい思いをしますが、周りからみると気づきにくい病気です。患者さん本人を含めて周囲の人や家族が協力し治療に専念すれば、きちんと回復していく病気となっています。原因になっているのは物事のとらえ方や考え方、その人を取り巻く環境やストレスなど様々な事が関係し引き起こります。

友人との死別や身内の死やあるいは離婚や病気などといった辛く悲しい出来事やストレス。他にも本来なら喜べる事、結婚や職場での昇進などの明るい事が変化になってしまい生活などに支障がではじめ影響が出てしまう事もあります。自分で対応する事ができずにこういった事がストレスに変わりうつ病を引き起こしてしまいます。意欲の低下や睡眠障害、精神面以外にも頭痛や首や肩が痛んだり身体的な部分でも症状がでる事があります。さらに症状がひどくなると自殺を考えてしまうこともあります。

人によって原因が異なり複雑な場合もあるので、治療の方法は人によって変わります。主な治療として非薬物療法と薬物療法を用います。非薬物療法はカウンセリングや認知行動療法などを行います。薬物療法は症状に適した薬を使って治療していきます。よく使われる抗不安薬と抗うつ剤を紹介します。抗不安薬はデパスという薬で不安や緊張を和らげる効果があり身体をリラックスさせる作用がある薬を使います。ですが、デパスは輸入が禁止になってしまいました。

満面の笑みの男性

デパスにかわる薬として、SNRIに分類されるイフェクサーは有効です。SNRIは脳内のセロトニン、ノルアドレナリンに作用するので副作用も少なく安全性も高い薬です。効果もしっかりあるので非常にバランスの取れている薬となっています。

治療において大切な事は十分な休養をとる事が大切なので、発病した場合はきちんと心と身体を休めるようにしてください。イフェクサーは通販で購入できます。病院で処方してもらうよりも安いことから最近は医薬品を通販で買う方たちが増えてきました。イフェクサーのジェネリックであれば、さらに安い値段で購入できるので治療代を抑えることもできます。抗不安薬も抗うつ剤は持っているだけで精神面の負担が軽減されるので効果的です。

うつ病になりやすい人

女性

うつ病は誰でも患う可能性のある病気ですが、特に「生真面目」「責任感が強い」「循環気質」「メランコリー親和型気質」「執着気質」「感情表現ができない」。こういう性格の人は、うつ病になりやすいと言われています。

■責任感が強い
責任感が誰よりも強い!という人は生真面目な性格の人と同じように、自分を追い込んでしまいがちです。責任感が強いという事を評価されてリーダーに抜擢されたり、昇格して責任のある立場にいる際は注意する必要があります。自己責任の強い人の場合、チーム内で起きたミスを人のせいにせず、すべて自分ひとりで背負ってストレスを溜めてしまいます。何でも自分ひとりで抱え込まないように心がけるとよいです。

■生真面目
生真面目な性格の人は責任感がとても強く、こうと決めたらそれに向かって突き進んでいきます。目標を達成させるために、努力をおしまない人。ただそれだけであれば良いのですが、自分自身で『今日の仕事、全然ダメだったなー・・・』『あの時、こうしていれば達成できていたかもしれない・・・』などと自分自身を責めてしまい、みずからストレスを生み出してしまいがちです。その他にも【遊び=怠け者】と決めつけてしまい、息抜きする事を知りません。
生真面目な人は何に対しても一生懸命なところがあるので生真面目だから悪いというわけではないのですが、その分ほかの人に比べるとストレスを溜め込みやすくなるのかもしれません。たまには息抜きすることも大切です。


■感情表現ができない
思っている事を口に出せない人も注意が必要です。穏やかな性格の人と思われがちな人は、『自分が我慢すればいいだけの話』と考えがちで思っている事を言わず、周囲にあわせる事が多いです。たしかに周囲にあわせればスムーズに事が進むこともありますが、それだけ我慢しますのでストレスもその分溜まります。
もちろん自分の気持ちだけを優先するのは良くありませんし、楽しく過ごすためには怒ったり泣いたりしたくないと思うかもしれません。ですが自分の素直な気持ち・感情を表に出すことは大切なことです。


■循環気質
循環気質とテンションが高い時と物静かな時がハッキリわかれているタイプのことです。オン/オフの差が激しくなると躁鬱(そううつ)状態になります。 社交的で親しみやすい反面、別の日に会うと攻撃的になることもあるので周囲からは多重人格に見えるかもしれないのですが、これも精神疾患のひとつです。


■メランコリー親和型気質
常識・正義・モラルを常に意識しながら、周囲と円満な関係を保とうするタイプの人のことです。
他人の評価もとても気になるので、何か問題が発生すると悲観的になり全て自分のせいだと考えて自分自身を追いつめてしまいがちです。


■執着気質
几帳面、仕事熱心、完璧主義、誠実、ごまかす事やずぼらな事が出来ない等といった特徴があります。
目の前の事を突き詰めるあまり、仕事中は軽い興奮状態となり、家に帰ると一気に力が抜けて静かになる。こういった感情の落差が少しずつ精神をすり減らすことになるのです。

うつ病になりやすい人の共通点としては責任感が強く、真面目な人と言えます。本当は許容量を超えてしまっているのに、がんばりすぎてストレスを抱え込み、気づいた時には精神のバランスが崩れてしまった状態になっていることも少なくありません。
人それぞれ性格もありますから、これらの性格を簡単に変えることはできませんが、無理しすぎないようにしましょう。何でも自分ひとりで抱え込んでいてはストレスは溜まる一方です。時には周囲に頼ったり、ゆっくり休むことも心がけると良いでしょう。


うつ病が悪化する原因

石

うつ病が悪化してしまうとやる気が起きず、仕事も家事が出来なくなるどころか生きていく希望がなくなってしまうこともあります。 うつ病が悪化してしまう原因は次のようなものです。

■放置する
前述に記載したとおり、真面目で責任感が強い人がうつ病になりやすい傾向があります。そのため仕事をしている人であれば「簡単に仕事を休むことは出来ない!」「休暇を取るとみんなに迷惑かけてしまう」「怠けていると思われるのが嫌」などという気持ちから、治療することを先延ばしにしてしまう人がいます。
うつ病の治療には十分な休養と薬による治療が必要不可欠なので、大きな仕事を任されているから・・・・等という理由で放置していると、うつ病の症状が悪化してしまいます。悪化してから治療をスタートさせたとしても、思うように症状が良くならず治療期間が長期化してしまうことも少なくありません。
抗うつ剤にはリラックスさせる作用もありますから、副作用として眠気が出ることも多いです。ですが最近はイフェクサーのような副作用の少ない抗うつ剤もあり、仕事をしながら薬による治療を行っている人も少なくありません。

■焦る
うつ病の治療をすると症状が良くなったり、悪くなったりを繰り返し少しずつ回復していくものです。
仕事を長期休暇したり、勤務時間を減らしたりすると早く完治させて普通の生活をしたい!という気持ちから、うつの症状が少し良くなった。または自己判断でもう薬を飲まなくても平気と思い、薬の服用をやめてしまう人もいます。
良くなったとしても急に薬の服用をやめてしまうと、かえって悪化させ病気が長引きます。早く普通の生活を送りたいという気持ちはわかりますが、治療には最低でも3ヵ月必要なのです。また治ったとしても再発する恐れもありますので、焦らず治療するようにしましょう。


悪化した時の症状と対処法

うつ病の初期症状は、不眠や肩の痛み、倦怠感、めまい等の症状が出ます。その後、集中力が低下したり物忘れや判断力が低下する等の思考に関わる精神症状が出ます。うつ病の症状がさらに悪化するとこの世から消えたいと思うようになります。 対処法としては無理せずにしっかりと体を休めることが大切なのですが、症状が一向に改善しないという場合は病院で診断を受けるようにして下さい。

TOPに戻る