抗うつ剤通販ナビ
うつ病治療薬イフェクサー

日本は先進国の中でも自殺が増加していると言われています。多くの原因がうつ病だとされています。

増加する自殺

近年、自殺者の増加が目立っています。その一番の理由として「人間関係が希薄になった」という事が一番の原因と言われています。また自殺者の多くは精神疾患を患っている人達も少なくはありません。うつ病患者も毎年、増加し続けています。日本は世界基準でも自殺する人が多いと言われています。2012年のデータでは世界172カ国の中で9位で、先進国の中ではかなり高い数値となっています。

うつ病患者

特にここ最近でも若年層の自殺率が特に高く、15~25歳までの自殺率は90年代以降からずっと上がり続けています。こういった若年層の自殺の大半はうつ病患者が多く、うつ病患者だけでの自殺率は15~20%だと言われています。うつ病になると不安感、焦燥感で「うつは一生治らない」「周囲に迷惑をかけてしまう」などと絶望し、結果的に自殺に結びつくと考えられます。またうつ病の脳内の神経物質が正常に働かなくなってしまったために自殺に至ったと考えられます。実際に自殺者のデータの中にうつ病を患っていて心療内科に通わなくなった人が多いというデータもあります。

自殺を未然に防ぐには

止める看護婦

うつ病を患っている人は脳内の機能が一時障害を起こしている状態です。だからその障害を起こしている状態で判断していき、結果、自殺へと結びつくのだと言われています。デパスイフェクサーはそういった脳の機能を正常にしていくためにある薬です。きちんとした投薬治療を行うべきです。投薬治療を途中でやめたりするとうつの症状は悪化するばかりです。自己判断で治ったというのもとても危険です。途中で面倒だと思ったら、通販を利用して薬だけでも購入した方がいいでしょう。うつは甘えだと冷たい社会では言う人もいますが、うつは脳機能の一時障害なのです。

うつ病を治したいなら、うつになる仕組みなどをを知るのも治療の一環だと思います。知識があれば少しでもうつの改善になります。投薬治療だけでは辛いと思うのならばカウンセリングを受けたり、友人や知人に相談したりしましょう。自分と向き合う事がうつの治療においての第一歩でしょう。

TOPに戻る