抗うつ剤通販ナビ
うつ病治療薬イフェクサー

うつ病は忙しい現代社会で増加している脳の病気です。精神だけではなく体に症状が出る場合もあります。

うつ病とは

うつ病はこの近代のストレス社会の象徴的な病ともいえる病気です。生活習慣病などといった年齢的なもので発症する病気の類ではなく、精神疾患からくる病の為、外から見れば全く悩みなどなさそうだと思われているほど、意外にも精神疾患を患っている可能性が高いとも言われています。

うつ病に陥る原因は様々なケースが存在します。普通の生活の中で感じているストレスがたまりにたまったことにより発症したり、仕事や家庭、人間関係などと誰しもがうつ病に陥る可能性があります。

うつ病の症状には大きく分けると身体症状と精神症状に分けることができます。気持ちが落ち込むなどの精神症状だけとは限らず、体の調子が悪くなるの特徴となっています。身体的症状には不眠症、倦怠感、疲労感、食欲不振、めまい、口のかわき、腹痛、味覚障害、性欲減退、月経不順、勃起不全などがあります。精神的症状は、感情・意欲・思考力が低下し、なにもかもをすることができなくなってしまいます。また、症状が時間で変動していくのも症状の特徴です。多くの方が、朝に症状が悪化し、夜になっていくにつれて症状が軽くなっていきます。

精神的症状があまりなく、身体的な症状ばかりがでる場合を仮面うつと呼びます。うつ病の原因が多くの場合がストレスと言われていて、他の病気にともなって症状がでる場合が多いです。症状を引き起こしてしまう病気が、脳や神経系の病気によく見られ、または生活習慣病によって症状がでてしまうこともあります。

一粒の錠剤

治療にはよく休養し、それに併せて抗不安薬などを服用する必要があります。抗不安薬としては、日本ではデパスが最も有効とされていました。しかし、薬事法が変更され、エチゾラムを含むデパスやエチラームなどは個人輸入でも輸入ができないようになってしまいました。愛用していた方には大変嘆かれているのですが、抗不安薬は他にもイフェクサー、バスピン、バスパー、セディールなどがあります。

とくにイフェクサーは今までの抗うつ剤よりも眠くなるような副作用が軽減されていることから、仕事や家事をしながら治療したい方に向いている薬です。

しかし、うつ病の方の中には病院に行くのすら辛いという方も多いでしょう。そんな方も、これらの抗不安薬は通販で購入する事が出来ます。誰にも知られずに、しかも安く購入できるのでお勧めです。うつ病は重症化すると、最悪の場合自殺を考えるまでになってしまいますので早めに薬で治療するのが大切です。

デパスの代わりになるうつ病の薬


TOPに戻る